飯塚商店のセレクト米

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

井上有紀
私は大学3年生の冬に飯塚商店と出会い、お米の味にこんなにも違いや背景があること、お米をこんなにも探求しながらお客さんに届けている人がいることに感動しました。それ以来、飯塚さんに選んでもらったお米を食べ続けています。新潟に移住した今では、店主の飯塚さんは第二のお父さんのような存在です。

新潟市の内野町にある、創業80年の米屋「飯塚商店」が選ぶ「時期」と「場面」に合わせたセレクト米。「同じ新潟県産コシヒカリでも場所や年によって味が違う」と語る飯塚さんが自分の舌やいろいろな人との会話をもとに、美味しいお米を選びます。飯塚さんおすすめの炊き方と保存方法、内野の商店街のいい店マップつき(制作はわたしての井上)。

常に置いているのはオリジナルブレンドの「収穫物語」5キロ。その他季節ごとにセレクト米として様々なお米を買えるように販売を予定しています。

 

お客さんの無茶ぶりもなんのその。昔ながらの店で新潟県のお米を提供する2代目店主

飯塚商店は、新潟市にある小さな町の小さな米屋。57歳の店主飯塚一智さんは、お客さんとの会話から場面や時期に合ったお米を出すいわば「オーダーメイド」米屋さんです。お店は家族で経営し、豆や肥料も販売しています。

JR内野駅から徒歩10分の通り沿いにある飯塚商店。

がらがらと飯塚商店の入り口の戸を開けると、見えるのは木箱に入ったおまめ、肥料の袋…「あれ?お米屋さんじゃなかったっけ?」と思わず思うような空間です。それは、適切な湿度と温度の倉庫でお米を管理したい、という飯塚さんの考えだからこそ。長い廊下の向こうにある倉庫の中に、お米は置かれています。

 

店主の飯塚さんは、来ると必ず「まあ、茶でも飲んでけ」と私が何か言う前に土間のお茶のみスペースに招き入れてくれます。

シャイな一面もありながら、飯塚さんはお客さんと話すのが大好き。日本全国の地図がほぼ頭に入っていて、どこ出身の人でも話が盛り上がります。
また、いくつになってもお米への探求心を忘れない飯塚さんは、お店で扱う新潟県産のお米を様々なところから仕入れ、味見をして何を売るかを決めています。
私の出身である東京にわざわざ来てお客さんを呼び、食べ比べのイベントを開催したこともありました。

あなたの「おいしい」を見つけます。オリジナル商品「収穫物語」も。

自分にとっての「おいしいお米」を考えたことがありますか?お米大国新潟の地で自分の好きなお米を見つける体験は、きっとその後の食生活を楽しくする!

産地、品種、農法、保存方法、その年の気候、炊き方、食べ方…
お米のおいしさを決めるのは、数え切れないほどたくさんの要素。だからこそ「あなたの」おいしさを一緒に考えてくれるお米屋さんがいるとお米選びはとても楽しくなります。
例えば今回、飯塚さんは私の「梅干しに合うようなお米がほしい」という要望に、「今年はこのお米が美味しいし梅干しの強めの味にも負けないかもしれない」という見解を伝えてくれた上で、「いろんな人に意見を聞いてみたらいいんじゃないか」「ゆきちゃんはどう思う」と一緒に考えてくれました。
新潟県といえばお米!コシヒカリ!と言われ、業界ではもちろんたくさんのグレードや基準がありますが、どの味を「美味しい」と感じるかどうかは人によって違うもの。
飯塚さんは毎年農家さんや卸のベテランさんなどさまざまな人に直接情報をもらい、実際に食べているお米マイスターでもあります。そんな飯塚さんが「一般的に」ではなく「あなたにとって」美味しいお米を考えてくれるのです。

直接お話しをしてオーダーメイドしてもらうこともできますが、あまりまだ自分の好きな味が分からないという方には、飯塚さん自身の「おいしい」を基準にしたお米があります。それが新潟県内のいくつかのコシヒカリをセレクト・ブレンドして「収穫物語」という名前をつけて売っているもの。こちらは5キロのものをいつでも買うことができます。

1人暮らしの方は、5キロなんて食べられない!と思うかもしれませんが、保存の方法も同封しておきますので少し工夫して保存すれば水分も飛ばずにおいしさを長く保つこともできますよ。

私のお米の世界を開き、新潟を第二のふるさとにしてくれた人

4年前の岐路での出会いがきっかけで、私の新潟生活になくてはならない存在に。「お米を楽しむことは暮らしを楽しむこと」という文化がじわじわと飯塚商店を中心に広がっています。

 

飯塚さんとの出会いは2015年。飯塚商店がある内野町で「ツルハシブックス」という本屋を営んでいた西田さんに「おもしろい米屋があるよ」と紹介してもらったことがきっかけです。当時、地方地域での暮らしやプロジェクトに興味がありつつも、東京の大学で学んでいるだけでは物足りなさを感じていた私。思い切って大学を休学して新潟にいくことになりました。

あれから4年。1年間どっぷり飯塚商店の近くで過ごし、復学して一度は東京に戻ったもののやっぱり新潟で就職した私は、今でも飯塚さんが選んでくれるお米を食べ続けています。

仕事でもさまざまな農家さんや農村地域の方と知り合うことになり、家には常に3,4種類のお米が。今日はこっち、明日はこっち…と日によって変えてみたり、飯塚さんに会いに行った時に「ここのお米が美味しかったんですよー」という話をしてみたり…友達を連れていくこともしょっちゅうです。

これからもお米をきっかけに飯塚商店を取り囲むファンの輪が広がっていくといいなと思っています。

<補足情報>飯塚商店と「つながる米屋コメタク」についてはこちら↓

https://www.kometaku.net/


飯塚商店のセレクト米

商品情報

製造者 飯塚商店
内容量 5kg
賞味期限 1年
原材料 米(2018年度、新潟県産
保存方法 冷暗所保管

ギフトサービス

特製の手提げ紙袋付のギフトサービスは、有料(100円)で承っております。イメージはスライド画像をご覧ください。「カートを入れる」ボタンを押した後のページにて、ギフトサービスの利用の有無を選択することができます。

お支払い方法

当店では現在、銀行振込・クレジットカード決済・代金引換の3種類のお支払い方法がご利用可能です。
※コンビニエンスストア決済は現在準備中です。

〇銀行振込
銀行名:第四銀行 支店名:長岡営業部 口座種別:普通 口座番号:1553949
口座名義:シヤ.チュウエツボウサイアンゼンスイシンキコウ

〇クレジットカード決済
カード番号等はSSLにて暗号化してサーバーに送られますので、安心してご利用いただけます。
利用可能ブランド:MASTERCARD・VISA (JCBは現在準備中です)

〇代金引換
ゆうパックの代引きサービスを利用します。手数料として送料の他500円頂戴いたします。

配送について

〇宅配業者 日本郵便
〇サイズと送料 1つの商品につき60サイズの段ボールにてお送りします。送料は以下の通りです。
※複数個のご注文の場合 数に応じたサイズの段ボールでお送りします。送料は以下の1つ分の送料でお送りします。
〇発送元 新潟県長岡市からの発送になります。
〇送料 588円~ コチラでご確認ください。